作詞・歌をさせていただいております。葉月ゆらです。 日々あった事やお知らせを書いていきたいなって 思ってます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輝夜姫の歌詞にゃの
こんにちはー!ゆらでぃすっ。

数人の方から「輝夜姫」のメインボーカルの裏の歌詞は何と歌っているの

でしょうかとお問い合わせいただいたのでこちらに書かせていただければと

ペンを握った・・・マウスを握った次第でございますw

こちらから書きますね。


---------------------------------------------------

輝夜姫(かぐやひめ)歌詞


黄金の杯 宝石の枝 積み重ねた嘘より
唯一つの想いだけ 私に見せて欲しい

火宿す獣 神の水晶 意味すら考えず
上部の言葉飾りたて 私の足許に這い寄る

唯、有りの儘に綺麗な私で生きたいだけ
ほら 囁いてる 欲望に溺れる愚かな野獣の群れ
(裁きを)

誰をも愛せず 誰にも愛されず
(天を仰げば憂いの涙が) 
闇の中 浮かぶ月に照らされ終焉を待つ
孤独から生まれた少女は
(星は変わらず見つめ零れ逝く)
輝きを纏いながら 息吐く夜に狂い咲く

(嗚呼 謀舞う 世の背に
嗚呼 清らかなりし 天女は)

蛍の舞と癒す水鏡 優しい笛の調べ
私と同じ憂いの音色が撫でる頬
心赦せば破滅を呼ぶとわかっている
なのに止められない胸の鼓動
真珠の肌に桜が舞う

唯、有りの儘に心を走らせ求めるだけ
嗚呼 嘘でも良い 欲望に溺れる愚かな少女の声
(裁きを)

朧な月の夜 灯す夜叉の道
(恨み相反する愛と痛み)

触れる指 壊れた心 裏切りに咲く華
孤独から生まれた少女は
(星は変わらず流れ零れ逝く)
輝きを纏いながら 息吐く夜に術は無く

誰をも愛せず 誰にも愛されず
(天を仰げば憂いの涙が) 
闇の中 浮かぶ月に照らされ終焉を知る
孤独から生まれた少女は
(星は変わらず見つめ零れ逝く)
汚れ堕ちもう戻れない 月は冷ややかに浮かぶ

----------------------------------------------

で、ございますー。この曲いいですよね。間奏のぴろぴろした
感じが凄く好きですw 華やかで勢いがあってたまらんです。


あと、サークルesquariaさんで歌わせていただいた「Drivi'n greedy」が
凄いですよ。一曲目にルオンさん素敵アレンジ、10曲目に1曲目の
別アレンジ版が収録されているのですがアレンジをされているのが
なんとー「beatmania IIDX」に楽曲提供をされているNhatoさんなのですっ。
凄く色気があって気持ちがいいサウンドでさすがだなって思いました。
歌わせていただけて幸せでした。ありがとうございました。

ご興味を持たれた方は特設ページから試聴が聴けるみたいなので
飛んでみられてはいかがでしょうか。

esquariaさん特設HP
http://esquaria.net/special/xenoblaze/



ではそろそろ子犬ちゃんたちにご飯を用意してきますw
またー!(v´∀`*)



スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

歌詞見た上で改めて聞いてみると
より想像が広がりますね。歌詞カードにあえて載せなかった意図が気になる処ではあります。

改めて「意味すら考えず 上部の言葉飾りたて 私の足許に這い寄る」って歌詞を文字で見た時に、良い意味で寒気がした…… かぐや姫のストーリー、考え方によってはそういう風にも見えるのかと。

あと、「Xeno Blaze」買ってたので、件の曲を聴いてみました。確かに不思議な感じの色気が伝わってきますねコレ。歌詞の解釈の仕方で印象が変わりそうな。
タク | URL | 2014/08/22/Fri 22:21 [編集]
おへんじ
>>タクさん
いつもは載せているのですが今回は奥まで気になってほしくて
あえて載せていませんでしたw かぐや姫は求婚者の目線で
想像しても面白いお話なので大好きです。
歌詞って考え方ひとつで色々な世界がひろがっていくので
そういうところでも楽しんでいただけると嬉しいです(*´ェ`*)
葉月ゆら | URL | 2014/08/23/Sat 18:28 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ゆらりこぶろぐ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。