作詞・歌をさせていただいております。葉月ゆらです。 日々あった事やお知らせを書いていきたいなって 思ってます。

M3終了!お疲れ様でした&ありがとうございました!
M3が無事に終わりました! 遊びにきてくださったみなさま、ありがとうございました。

CDをたくさんの方に手にとっていただけて嬉しかったです。

もしよろしかったら・・・お気が向いたらで・・・是非に感想を聞かせてください。

直球で次の作品への糧になります(v´∀`*)

当日はチャーリーコーセイさんも一緒にCDを頒布していたのですが、チャーリーさんと

触れ合う方々の嬉しそうな笑顔に私も癒されました。チャーリーさんにM3を紹介できて

幸せでござるる。とっても楽しかったので次のM3では自サークルで出たいとおっしゃって

おられましたw 新作を期待待ちしているただのファンの私ですw

そして、差し入れを毎回本当にありがとうございます!!

------------------

こちらでお礼を言わせてくださいませ。


>>ちょるさん
めちゃめちゃ美味しそうな洋菓子をありがとうございますっ
芦屋にあるお店なのですね。前に住んでいたところなので
凄く懐かしいキモチになりました(v´∀`*)

>>鬼々さん
美味しそうなお菓子とお手紙をありがとうございます。
お手紙、毎回とても嬉しいです!早速お風呂で
いただいてみますねww 作詞とお仕事、がんばって
ください(つω`*)

>>あずさん
とっても効きそうなのど飴をありがとうございます!
実は最近、喉が痛かったのでとっても嬉しいです。
今、舐めながら書いておりますのよw
お手紙も嬉しいです。こうやって色々お話をして
いただいていると心が和みますよう。

>>信玄飴をくださった方
いつもの・・あの方なのでしょうかw お名前を書いた紙が外れていた
みたいでわからにゃかったのです。違ったらごめんなさい!
作業のおともに食べさせていただきますっ.+:。(´ω`*)゚.+:。

>>CDとりんごパイをくださった方
CDに下地鶏さんの名前があったのでそうなのかなーと思った
のですが違ったらごめんなさい!りんごパイも紅茶といただきますん。
このCDの作詞、とっても上手いですなー。

>>草刈さん
お菓子詰め合わせをありがとうございます!特にマカダミアチョコ!
抹茶だいすきなのですw 今日の夜にでもいただいちゃいますぜっ。

>>しがさん
お菓子をありがとうございますうう!!ずんだだいすき!!!
これは初めて見ましたよう。テンションあがるw
作業中にいただきます|´З`●)

>>霧海さん
プリンセットとお手紙とイラストをありがとうございました!
特にお手紙とイラストがボリュームが凄くて感動しました。
黒猫は男の子ですようーヽ(*>∇<)ノ そうなのそうなの。
色々なCDの感想をくださっている細かい部分が「そうだよー!そうなんだよー!」って
思うことばかりでほんと嬉しいです。作詞しててよかったーw
今回のCDも楽しんでいただけると嬉しいです。

-------------------

というかんじ。

最近の私はといいますと、歌とバイクのために筋肉をつけるべくジムに通っております。

担当の方が映画「俺物語」の武男くんに似ていて和みますのようw

優しいしっ これなら続きそうですw 160kgのバイクをブンブン取り回すにはまず筋力です

よね。そういえばエストレヤが終了になるとか・・・もったいないー!

でもそれが時代というものなのかな・・・としんみり。我が家のエストレヤを大事に乗ろうと心

に誓った1日の夜でございますw


あとねあとね、6月にあるドイツの騎士祭りに行くの!衝動的にっ!w

金額的に無理で行くつもりのない南フランスのツアーをみてたら出てきたんだけど

お値段がお手頃でめっちゃかっこいいお祭りでっ!中世の騎士とか魔女とかの

恰好をしたあちらの方々が馬に乗って戦ったりパレードしたりするらしいよううう。

そんなもん一撃で行ってしまうわっ!!w また写真をたくさんとってくるつもりなので

またみてやってくださいまし。


では、このへんでー!!


葉月ゆら



スポンサーサイト

M3がきたよー!
M3がきたよー!今年初めてのCDがでるよー!w

というわけで、今回はゴーストをイメージしたCD「Ghost Sense」を

頒布予定でございます。参加作家様方も豪華でほくほくーv

一曲づつ説明させてくださいまし。

1.蛍星
作編曲:Drop
蛍星というタイトルなのに大胆な音使い。2曲目への
世界を作るのに大切なインスト一曲目、抜群どす。

2.Exorcism
作詞:葉月ゆら 作曲 : 神馬譲
編曲 : ペガサスアーツプロジェクト
ギター : YOU
ヴァイオリン / ヴィオラ:小川 紫乃
ミックス : 青木悠
素晴らしいみなさまがゴージャスな音で面白い曲を作ってくださいました。
みなさん、ガクトさんになにかしら関わっていらっしゃる方々で素晴らしい
クオリティでございます。内容はホーンテッドマンション的な住まいに
神父様が悪魔祓いに来た内容のお歌になってます。


3.贖いの亡霊
作詞:夕野ヨシミ(IOSYS) 作編曲:アメディオ
妖しい始まりからドーンとロックな雰囲気になる素敵曲でござるるな。
アメディオさんの曲ってどこかしらに色気があったりするので
歌う時にたかぶってきますw 夕野さんの歌詞もこの曲では
艶やかな雰囲気がしていてテンションあがりますわ。

4.Demise Perfume
作詞:夕野ヨシミ(IOSYS) 作編曲:とろまる
とろまるさんはジャンルの幅が広くてすごいなーって思いました。
今回のゴーストでジャズを作りはる発想と踊るようなピアノソロが
とろけます。こちらも作詞は夕野さんでさらに艶のある誘惑女子の歌詞がたまりまへん。
「そんなのがまんできるわけがない!」っていうところが素晴らしいっす。

5.Ghost Sense
作詞:葉月ゆら 作編曲:塚越雄一朗
静かな入りなんですけどそこに狂気を感じてもー!うっきー!w
サビの重みと儚さが大好物で恍惚ですわ。歌詞の内容は毎夜現れるゴーストな男性に
惹かれてしまったけどなかなか彼は私をそちらへ連れて行ってくれないのよーって思ってる
少女の歌です。ゴーストな男性も少女が気になって毎夜現れております。
最後がアレなんだよねー。フフ

6.101の命を持った黒猫
作詞:葉月ゆら 作編曲:Drop
新しい感じの不思議な音が不穏だけどメルヘンに奏でております。
ハードになるかと思いきや着地点が童話な感じですごいなーって思いました。
歌詞の内容は101の命をもつ黒猫が、カラスや人間の実験やなにやらで命をいくつも奪われて
最後の一つになった時の生き方のお話を書いてみました。黒いけどメルヘン・・だと思ってますw

7.灰の残像
作編曲:Drop
綺麗にふわーっと終わるではなくて放り出されるような感覚。
わかっていただけると嬉しいですww 


というゴシック&ダークメルヘンな内容になっております。

こちら、特設ページに試聴や取扱いショップ様へのリンクが御座いますので

よかったら覗いてやってくださいまし。

そして、メロンブックスさん限定ですが特典がございますっ!

3種類の予約・販売が御座いますので予約の際にはご注意を。

1.普通に頒布ver

2.先着数名様にシールver

3.サイン色紙+シールがついてくるよver

3は少しお値段が違うのでご注意ください。そして、今在庫を見てみたら

売り切れになっておりました・・・嬉しい(つω`*) こちらはメロンさんの

企画特典となっておりますのでお問い合わせはメロンさんにお願いします。すみませんっ!


あとあと、なんとっ M3のうちのスペースにっっ モノノ怪OPやルパン三世EDを歌われた

チャーリーコーセイさんがいらっしゃいますぜー!CDを委託販売することになっていたのですが

ご自分の手でお渡ししたいとのことで参加決定しまひた。凄く気さくで優しくて歌がめちゃめちゃ上手い

尊敬する音楽先輩なのでございます。サインや握手も気軽にしてくださいますのでご興味が

おありの方は遊びにきてくださいまし。



という感じかな。M3まであと1週間もないんですね。早いわぁぁぁ きっと今年が終わるのも

めちゃめちゃ早いんだろうなぁって思ってますww それはそれで楽しくて良いね(v´∀`*)


ではまたー!!




フランス日記その3
フランス日記のつづきー!

IMG_4587.jpg

この日に泊まったホテルの朝ごはんがルームサービスもあるらしくて頼んでみました。ジャムのビンが
凄く可愛いの。パンもおいしかったー!!

そしてこの日の枕元チップ箱。折り紙で毎日折ってたんだけど日に日に鶴が増えたり。
この日は変態ツルを作ってみましたw

IMG_4592.jpg

トランクに荷物をつめて移動。前前前世の私の実家、ヴェルサイユ宮殿よー!
ここから写真がはみ出し気味になりますw 小さいともったいないんだもんw

IMG_4610.jpg

IMG_4606.jpg


この旅いちばんの見どころ、ヴェルサイユ宮殿。最&高!としかもう・・・金とシックな色の壁やら床やら
ゴージャスでしたわ。王様によってお部屋がゴシックだったりロココだったりするんだって。

パイプおるがん
IMG_4618.jpg

ベッド。上についてる羽が可愛い
IMG_4636.jpg

このレリーフの人がベルサイユの薔薇のオスカルの元になったんだって。素敵。
IMG_4647.jpg

お部屋の一部。もうね、部屋広すぎて写真に入りきらない&人が多いから撮りにくいw
IMG_4626.jpg

有名な鏡の間ですなー。マヂ鏡だったわww 明るくて綺麗どすっ
IMG_4644.jpg

次に移動!ダビンチコード大好きな私のテンションをあげにあげてくれた場所w
ルーブルびじゅつかーん!!! この下にあの人が眠っているのねっ!!ww

IMG_4732.jpg

この剣と聖杯の下にー!!!と興奮MAXでしたのよ。
IMG_4749.jpg

ただ、ツアーなので中はそんなにゆっくりまわれなかった・・というか主要なものだけ流し見る

感じ?次は一人でじっっっっっくり見に行きたいどす。

モナリザの前が一番スリが多いから気を付けてって言われてオドオドしてしまったw

この絵が凄くすきどす。塗り方が重厚で、ダビンチが書いたんだっけかな?

他にも凄い好みの絵がいっぱいあったです。もっと深く見て感じるにはキリスト教を学んだほうが

良いかもって思いました。

IMG_4792.jpg

情熱的な痴話げんかに見えるw すきw
IMG_4853.jpg

その夜はムーランルージュに行きました。映画「ムーランルージュ」がすっっごい好きで憧れの

場所だったのでこちらもハイテンション! コースのお食事中には店員さんが片言の日本語で

遊んでくれたり写真をとってくれましたぞ。支配人の男性が渋くてチャーミングでほんと映画みたい

でしたw

IMG_4860.jpg

ショーの中身はといいますと、写真は禁止だったのでパンフからの説明になってしまいますが

めっちゃ綺麗な人が水槽の中でゆらーり泳いでたり(inニシキヘビ数匹)

IMG_4867.jpg

文句のつけようのない凄いスレンダーでチャーミングな男女のダンサーがゴージャスに踊っている

そんな竜宮城・・・あかんねん・・説明できへん・・・w 日本でそういうショーをまだ見たことが無かった

からたとえも浮かばないw でも映画のムーランルージュそのままのところもあってほんと豪華だよう。


で、ホテルに戻り眠り起きる。

最終日のチップBOX。だっけかな?写真がいっぱいあるので記憶が迷うw

IMG_4868.jpg

この日は飛行機の時間まで自由だったので前もってお願いしていた通訳さんと街を散歩したの。

そしたら凄く大きい教会とかジャパニーズカルチャーな通りとかつれていってくれてね。

写真をいっぱいとったはずなのに行方不明・・・とほー。

凄く優しい通訳さんで「ゆらさんはどこに行っても凄く喜んでくれるから嬉しい」って言って下った

のよう。うん・・・民家の窓枠みても喜んでたから・・恥ずかしいw でも可愛いんだもんw

教会の中。厳かな雰囲気でした。お邪魔にならないように写真をとったんご。

IMG_4890.jpg
 
懺悔室 たまらぬw

IMG_4891.jpg

教会の中央はもっともっともっと凄いのにぃぃぃ あたしの写真どこいったーwww

天井が地上9Fくらい高くて吹き抜けててステンドグラスがばばーんで祭壇がどーん

なのにぃぃぃ また行くんだからねっ そしたらめちゃめちゃ写真とるんだからねっw


その後でアンティークショップが並ぶ場所へ。

ミニチュアのドールハウス的なものやアンティークの食器が並ぶお店とかいっぱい!!だが!

その日は祝日の月曜日で定休日のところが多かったみたい。

市場を歩きながらしぼりたてのオレンジジュースを飲んだりパン屋さんで小さなパンを買って

かじりながら歩いたり最高天国。


IMG_4895.jpg


ふとみつけたアンティークやさんの窓際に置いてあった指輪に一目惚れして買ってしまっつ!

プラチナにダイヤモンドなんだけどアンティークだから最近の指輪よりも大分安いの。

写真だと可愛さがぜんぜん伝わらなくて焦れるw キラキラ綺麗で可愛いのよう。

帰国してからサイズ直しに出したら、店員さんが「綺麗なダイヤですね。カットは最近の

カットじゃないので詳しくわからないですけど輝きを一番出すだめのカットがされています」

って説明してくれはってね。嬉しかったなーw アンティークショップさんの近所のお婆さんが

お母さんからもらったものらしくて、お孫さんもいないからこのままだとどうなるかわからないので

きちんとしたこちらのお店で譲り先を探したいって持ち込まれた指輪らしいですぞ。

フランスから日本にきちゃって恐縮だけど大事にするじぇー。

IMG_4901.jpg
IMG_4900.jpg


そしてアンティークショップさんにいたわんこちゃんがめっさかわいい。

IMG_4893.jpg

そんなこんなでホクホクしながら日本に戻ってきたとさ。

フランスで一番驚いたことは便座がなかったこと。このまま座るのかーって衝撃が走ったw

でもお掃除はしやすそうだった・・・けど水が飛ぶんぢゃなかろうか。一応便座クリーナーを

持って行ってたのでひとまわりふかせていただいたけどw あれはほんとびっくりしたなぁw

夜にお部屋で飲むための飲み物を買いにスーパーに行ったんだけど店員さんが外国の人に

慣れてるみたいでレジの金額のところを指さしていろいろ助けてくれるのよう。

行くまではフランス語が使えないと人扱いされないとかっていう噂にドキドキしたけど

ぜんぜんだよ!いや、場所によってはそういう所もあるのかもしれないけど

基本みんな親切で優しかったです。スリとか強盗も凄くいるってきいてたので

鞄もそういう対策用のものを選んで使っていたのですが何事もなく無事に終わったので

ほっとしました。日本とは違って危ないこともあるので色々勉強しながら動いていけたら

いいなって思います。次は南フランスにいってみたいなー。そうだそうだ、飛行機の横の

座席の人がね、フランス大好きな日本の男性でね。私が「初めてフランスへ行って大好き

になりました」って言ったらご自分のガイドブックを見せてくれたんだけど凄いの!

愛に溢れてるっていうか!w 付箋で手書きのメモをつけて色々かいてはってね。

ここはちがうなーって思ったらはがしていくんだって。それあたしも次にやりたい!って

思いましたw 写真とらせていただいたー。これー!

IMG_4898.jpg

この方とお友達になりたかったんだけど、着陸のタイミングとか色々でばたばたしちゃって

言えずじまい。トホー。フランスの先輩として崇めますw あの人、フランスのお話をしたら

瞳がキラキラしてたなぁw



次は南フランスに行ってみたいですわーっ! フランス先輩が着陸前に「南フランスにいかないと

本当のフランスはわからないよー」って言ってはった言葉が離れないのですw

そうだよね。マルセイユ石鹸とか香水のフラゴナールとか南フランスで作られているんですよね?

まだまだ勉強が足りないのでちょっとづつ知識をためて遊びにいきたいです。

多分またツアーで行くのかなーw その後は言葉を勉強して自分でアパルトマンを借りて

1週間から2週間くらい遊び倒したいなぁ。フランスパンをお部屋のトースターで焼いて

牛乳と食べたいやんー(v´∀`*)  街並みに浸りたいやーんv 

ただ、一人で行く勇気をたくわえなくてはw そのためにも語学勉強が必要でございますな。

まだシルブプレーとぼんじゅーるとデリシューくらいしか使えない私ですww

えくすきゅーぜもわ もあるけど使うタイミングがなかったのでまだ言えてないw

言葉も国も大好きどす。フランスばんざーい!日本も大好きばんざーい!


というところで終わらせていただきます。

たのしかったわー|´З`●) 











フランス日記その2

フランス日記その2!

次の日 モン・サン・ミッシェルを後にしてシュノンソーにある洞窟レストランへ移動。

IMG_0429.jpg

山の側の洞窟をそのまま利用したレストランらしくてひんやりした空気が流れてました。

食べたごはんはソーセージとお芋のふかしたかんじのワンプレート料理でした。

フランスの料理はあまりおいしいものが無いとか聞いてたけど(ごめんなさいw)

全然だよ!美味しいよー!あたしは好きどすっ。誰が言いだしたのよっ!プンスカ

一生懸命食べるあまり、写真をとるのを忘れてましたw 度々そういうことあるよねw

IMG_0430.jpg


中に飾られている古いミシンが可愛いの。

洞窟レストランとは関係ないけど近くのおうちの犬が人なつこくてめちゃめちゃ可愛くて

ツアーの人たちみんなメロメロになってましたw

お食事の後はロワール川流域の古城めぐりでまずシュノンソー城どす。

王様とお妃さまと愛人のドロドロした物語があるそうで・・良いねーv 

IMG_0439.jpg

で、wikiで調べてみた。

アンリ2世は城を愛妾のディアーヌ・ド・ポワチエに贈った。
ディアーヌ・ド・ポワチエは城と川沿いの眺めを非常に愛した。
彼女はアーチ型の橋を建設し、城を向こう岸と結んだ。庭園に花や野菜
果樹なども植えさせた。川岸に沿っているため氾濫に備えるため石のテラスで補強され
4つの三角形が配置された洗練された庭が作られた。ディアーヌは城主ではあったが
所有権は王にあったため、長年の法的策略の結果、1555年、ようやく城は彼女の資産となった。
しかしアンリ2世が1559年に死ぬと、彼の気の強い妻で摂政のカトリーヌ・ド・メディシスは
ディアーヌを城から追い出した。

なんだってー。このお城のお土産店に黒い仮面をつけたポーチみたいなのが売ってて

くすぐられたわーw そのドロドロしたお城にあったベッドがこちらです。
IMG_0500.jpg

ふつくしい・・・
IMG_0533.jpg


ベッドだけでもまだまだあったよう。凄く素敵なお城。

お庭には可愛い井戸が。
IMG_0458.jpg

鳥を愛しー鳥に愛されたお城ー!
IMG_0461.jpg

ガーゴイル的存在かな。
IMG_0467.jpg

あたしここのお城の人と好みが合うと思うわーw これ、お皿なの。
IMG_0582.jpg

いかつい装飾のお庭のなにかw
IMG_0623.jpg

お部屋ピンクで可愛い
IMG_0600.jpg

窓も広くて大きいですぞ
IMG_0589.jpg

回廊。これ、あたしんちって言えたらなんか嬉しいのにw
IMG_0513.jpg


回廊の絵なのかな
IMG_0578.jpg

おごそかな雰囲気がしましたよう。
IMG_0485.jpg

地面の色が抜けてきてるんだけど元は綺麗な青だったみたいだね。
IMG_0480.jpg

ろいやるー
IMG_0472.jpg

このお城はこのへんでw 写真がすんごい沢山あるんだけど厳選してはりつけましたw


そしてアンボワーズ城を車窓から流し見てシャンポール城に到着!

このお城、めちゃめちゃ大きいの!!

けどこちらは外からの眺めを楽しむだけになってました。

しょぼんぬ。

お城のお写真
IMG_0675.jpg

その近くにあった廃墟w こちらもそそられますん。
IMG_0677.jpg

バスに乗りこみ移動。街並みはこんなかんじ。

バイクが凄く多くてうっほvです。が!走ってる姿は早すぎて撮れないw
車もバイクも全員運転が荒くて早くてやヴぁいですwww
バイクでお散歩出来たらいいなーと思ってましたが、実際に見ると
私には運転出来ないですわww
IMG_0692.jpg

街並みがずっとこんなかんじなの。ヨーロピアンなの。当たり前だけど
当たり前じゃないよっ!私の中ではっww ほんと見惚れて息をするのを
忘れるレベル。
IMG_0691.jpg


IMG_0700.jpg


IMG_0709.jpg


IMG_0713.jpg

トヨタがあったのでとってみたw
IMG_0716.jpg

お土産物やさんのねこちゃん。この後、子供に追い回されて出て行っちゃった。
IMG_545.jpg


という感じどすー。

フランスではスーパーでもホテルでもまず「ボンジュール」と言わないと不信な目で

みられるみたいです。なのでシャイな私も「ポンジュール」と「メルシーボクー」を

連発してましたw 挨拶するとみなさんほんと優しく接してくれはるので嬉しく

なりましたぞ。「ボンジュール」の発音も勉強になりました。

最初「ボン(♪レ↓)ジュー(♪ソ↑)ル(♪ミ↓)」な音程で言ってたんだけど現地の方の

発音をきいてみると「ボン(♪シ↑)ジュール(♪ソ↓)」なのね。多分w

軽やかな響きで素敵だなーって思いました。もっといろんな単語を覚えてみたいですん。

食後の飲み物を聞かれて「あん かふぇ しるぶぷれー」って言ってみたら

通じて嬉しかったなぁぁぁ。という思い出。



今日はここまでですーん。
更新が遅いですが、ゆっくりまとめているので気長にみてやってくださいましw

ではまたー!

フランス日記その3に続く。



フランス日記
突然ですがフランスに行ってきたー!‹‹\(´ω` )/››‹‹\(  ´)/››‹‹\( ´ω`)/››

楽しかった!!!まず街がほんと綺麗で古い建物が情緒あって最高でした。

なによりフランスの方が優しいの。ガイドブックでは「英語を話すと冷たい」とか

「プライドが高いのでフランス人以外には厳しい」みたいなことが書いてあって

結構おどおどしながら行ったんだけど全然ちがーう!いや、そういう人もいるんだろうけどw

道を歩いているときに後ろの人に通路を譲ったらにこっとわらって「メルシー」って言って

くれたり、食べ物やさんの店員さんは片言だけど日本語で話しかけてくれたり

フランスの数の数え方を教えてくださったりとか・・こちらも片言のフランス語でお礼を

言うと凄くやさしくしてくれて良いコミュニケーションがとれましたのよっ。

アイコンタクトと言葉って大事だなーっ。いつもぼっちでシャイだからちょっと挙動不審に

なってたかもだけど凄く楽しかったですん。軽くですがレポートを書かせていただきます。


一日目
朝10:50から飛行機
海外旅行が初めてだったのでとりあえず色々調べて必要だと書かれているものを揃えたら
ものっっっすごい荷物になりましたw 機内でもアイマスク・エアーピロー・耳栓・空気入れ・3DS
スリッパ・便座クリーナー・乳液などなど持ち込んでたら・・今どきはアイマスクとかスリッパって
備え付けであるのね。エアーピローも使わなかったし耳栓もMP3プレイヤーのをつけてたら
必要なかったし、便座クリーナーもいらなかった。定期的に掃除してあるし元が綺麗なんだもん。
で、これまた初めての機内食 おいしかったようー!くまもんのランチセットみたいなのとか
色々出てきたんだけど全部残さずたべました。デザートのハーゲンダッツにも感動したw
ビジネス席はまた違うメニューがあるらしいですね。ちょっと気になってます。

で、15:35到着。正直あんまり日本と変わらないなーってちょっとがっかりしてました。ホテルはルーアンへ。
1


だがっ2日目。ルーアンのお散歩企画としてモネが描いた大聖堂とその周辺の朝市へ
おでかけしたのですがががっ!ここからがフランス本番でしたw あたしのばかっ!
写真とりまくりです。

遠くから見た教会。
IMG_0085.jpg

正面、大興奮

IMG_0090.jpg

この繊細なデザイン。彫刻のすみずみまで力があるかんじなの。手を抜いてないっていうか凄い。
IMG_0095.jpg

IMG_0096.jpg

IMG_0110.jpg

もっと写真あるけどありすぎるから教会はこのへんでw もうねーずっと独り言で「なんやねんこれなんやねんこれ!!」
って興奮してましたよ。ほんと最高すぎる。

近所の建物も「なんでやねん!なんやねん!なんでやねん!!」でした。←誉め言葉
好みすぎて胸どきどきよー。

IMG_0115.jpg

IMG_0131.jpg

これね、町の一部だけこういうかんじとかではないのよ。全体がこんなかんじなの!!
どこをみても古かったり可愛かったりで興奮して息をするのがしんどくなるw

IMG_0151.jpg

お店の看板もいちいち可愛いのよう。鬼のように写真とりまくったわ。そのうちの一部をお披露目

IMG_0171.jpg

IMG_0194.jpg

IMG_0236.jpg

お店も看板も可愛い
IMG_0191.jpg

ひげ

IMG_0234.jpg


んでね、朝市でクレープとかいただいたの。おいしかったしおじさまが優しかったー!
マルシェっていうんだって。カレーマルシェっていうカレールーがあったけど
カレー朝市ってことなのかなw 朝市カレー?w
その近くにあったゲームやさんの写真。あちらでもバイオハザード7が出たのね。
IMG_0198.jpg

その近所にジャンヌダルクが火刑にされた場所っていうのがあってね。
ジャンヌの慰霊的な建物と十字架があるんだけど雰囲気が厳かだった。

IMG_0218.jpg

昔の火刑のオイルって低温だったみたいで・・っていう話をガイドさんがしてくれて
想像すると悲しみ。色々歴史の勉強するのも大事だねー。↓ジャンヌの石像

IMG_0228_20170216135917216.jpg

これまた近所の教会。存在感に見惚れましたぞっ!もっと撮りたかったけど
移動時間になっちゃった。

IMG_0250.jpg

IMG_0246.jpg

で、移動。バスで走りながら外をみてたんだけどほんと全部可愛いのよー。
なんやねんー.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ

IMG_0263.jpg

IMG_0262.jpg


次はモンサンミッシェルへ。天使ミカエルが神父さんの夢の中で「こんな建物のやつ作ってー」って
出てきたんだけど、神父さんはどうせ夢だよーハッハーって思ってたら次の日も同じ夢を見て...
それでもただの夢だと思ってたら、3回目の夢の中でミカエルが神父の額に指でぐりぐりぐりぐり
しながら「こんな建物のやつ 作れってゆったやろーっ!」ってしてきて。起きたら実際
神父さんの額にぐりぐりされた跡の穴があいてたらしくてそれで本当におつげだったって
気が付いてこれを作ったらしいよ。>ガイドさんいわく ミカエルがチャーミングで良い。
建物の一番高い場所にミカエルの黄金像があってね。ここに降り立った感じのポーズで
とっても素敵でしたぞ!カメラをもっと望遠のきいてるものにしたらよかったなーってちょっと
後悔。それでも綺麗にとれるから満足ではあるけどもっw

IMG_0283.jpg

IMG_0284.jpg

モンサンミッシェルの街並み。あの島のなかに結構な数のお店があるの。看板可愛いしっ
IMG_0301.jpg

教会の中。ここまで登ってくるまでの階段がめちゃくちゃヘビーすぎて
ここではあんまり写真とってなかったw自分でも驚きwww 何故だww
とってたと思ったんだけどなぁぁぁ

IMG_03898.jpg

IMG_0386.jpg


と、この日はここらへんで。電池が切れてここからとれてないの。グヌヌw

この後で洞窟のレストランに入ったりしたんだけど写真を縮小させたりのせるのが重すぎて
PCがなんか変な状態になってるww どうしたんだーっww

また写真整理が出来たらのせさせてくださいまし。
ではこのへんでーっ!


Copyright © ゆらりこぶろぐ. all rights reserved.